天赦日とは?縁起を担いで金運アップの財布を購入する日?

縁起担ぎは天赦日

縁起の良い財布(金運アップ)を買う為には絶対に外せないのは『財布を購入する日』ではないだろうか?

秋財布の購入は良くない?ダメなの?本当のところは?

春に購入する財布は縁起がいいと言われる理由と意味とは?

俺自身はそこまで気にすることはないのだが・・・。
(知っておいた方が良いだろうと気にはなる)

日本国内では一般的に”大安”が縁起の良い日とされている。
大安吉日として縁起の良い日とされている基本中の基本だ。

しかし大安は特別な日でもなく一年間の中で定期的にやってくる。
特別縁起の良い日でもなく普通に縁起の良い日になるのが大安ということだ。

スポンサーリンク
俺のワードプレスブログ運営体験談(大)

天赦日(てんしゃび/てんしゃにち)

しかし年に数回しかやってこない特別に縁起の良い日というのがいくつかあるわけだ。

  • 天赦日
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび/いちりゅうまんばいにち)

などが最も有名なものとなる。

天赦日とは

暦には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。
天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

引用:wikipedia

※万(よろづ)よしとは”何に関しても良い”という意味になる

天赦日は日本の暦の上で最上の吉日といわれており、大安よりも縁起が良く一年の中で最も縁起の良い日となる。

ちなみに一粒万倍日とは

選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。
一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。

引用:wikipedia

天赦日も一粒万倍日も年間で数回しかない開運日となっており、かなり縁起の良い日とされている。

それぞれが重なり合う日などもあって非常に重要視されているわけだ。

縁起を担ぐのは良いことだ

これら(天赦日や一粒万倍日など)の縁起が良いとされている日は、財布の購入に限らず、例えば、

  • 結婚や結納、入籍、慶事などの婚礼
  • プロポーズや告白
  • 出生届け
  • 引越し
  • 会社や事業の開始/開業
  • 銀行口座の開設/出資
  • 宝くじの購入

なども関連するわけだ。

財布の購入のことを考えて、(今後の)2015年や2016年の天赦日が気になりカレンダーなどをみても『天赦日』が記載されているカレンダーは意外と少ない。

招福開運の財布”財布屋”のサイトでは年間の(財布を購入すると良い)縁起の良い日が逐一配信されている。

2015年天赦日

こういった感じで暦の上での毎月の大安、天赦日、一粒万倍日、などが一覧で表記されているカレンダーが掲載されているのでかなり参考になるだろう。

事前にカレンダーと照らし合わせて、

結婚や入籍会社や事業の開業宝くじの購入財布の購入

などの予定を立てておくのが良いだろう。

スポンサーリンク
俺のワードプレスブログ運営体験談(大)
俺のワードプレスブログ運営体験談(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加